事務所から見える風景

 

久しぶりの更新です。楽しみに読んでくれている方、さぼっててごめんなさい( ;∀;)

「あけましておめでとうございます」から早2ケ月が過ぎました。

冬のコロポックルは完全予約制で開館していますので、ほとんどお店は冬眠状態。

スタッフは・・と言うと、体験がない時はオリジナル商品作りいわゆる内職をしていたり、他社へ出向していたりなど、さまざまな冬を過ごしています。

なので一人仕事も多く静かなお店にいるため、気持ちは冬眠しつつあるのです。 笑

 

来月4月になるとOPEN準備のため季節スタッフも来てくれ、少しはお店も賑やかになる事でしょう。

そんな冬眠しないように戦いながら 私はほぼ毎日を事務所で過ごしているのですが、今日はとても快晴で机に向かっているのが勿体ないといった感じです。

 

空が雲一つなく真っ青で、事務所から見える十勝岳連峰がとてもきれいです。

つい3週間前はホワイトアウト状態で、テレビでは「外出をできるだけ避け命を大事にして下さい」とアナウンサーが何度も何度も繰り返していたのが嘘のようですね。

★春がそこまでやってきている★そんな気もしますが、外に出ると空気が冷たく北海道の春はまだまだだな・・と感じる今日この頃です。

こんな素敵な景色を見ながら仕事ができるなんて とても幸せだなぁとつくづく感じます。

 

先日 TOPニュースでもお知らせしましたが、今年春から一緒に働いてくれるスタッフを只今募集しています。

ぜひこの雄大な景色を見ながら働いていませんか?興味のある方お待ちしています(^_-)-☆

 

♦♦♦ 北海道、富良野、バンザ~イ!! ♦♦♦

 

 

 

素敵な手作り雑貨が勢揃い

 

TOPページのニュースでお知らせしましたが、12/2.3と2日間コロポックルでイベントが開かれました。

近郊のクリエーターさんの手作り雑貨のお店がたくさん並びました。

どれも素敵な作品ばかりで、みなさんの器用さとセンスの良さに感動しました。

初日は天候も悪かったので、お客さんの入りが思った程ではなかったのですが、2日目はたくさんのお客様に来店いただき大盛況。

体験コーナーもあって、子供たちも楽しんでいました。

コロポックルも1Fでチキンカレーやバーガー、サンギやソフトドリンクをシーズンよりも超お得な価格で提供。

こちらも大盛況でとっても忙しく、嬉しい悲鳴でした。

何よりもシーズン中は修学旅行等で貸切が多く地元の方には入りずらいお店と思われている所もありますので、こういった機会に地元の皆さんに来店頂ける事、そしてカレー等を食べて頂ける事、それがとても嬉しい事なのです。

今年でこのイベントは7回目。恒例になりつつあるこの時期にコロポックルのカレーを安く食べられる、そう思ってくれたらいいなと思います。

いつ登場するかわからない「幻のコロポックルの手作りパン」も完売しました。

皆さん、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

中富良野町の風を感じよう!!                          

 

気がつくともう10月です。秋ですね。

天気が良くても空気が冷たく、ダイレクトに寒さを感じる今日この頃です。

私達道産子の人間はこの時期が一番寒く感じるのではないでしょうか。

雪が降ってしまうとかえってあたたかく感じますし(気分的でしょうが・・)、家の中はもうあきらめて暖房の温度を上げ、消す事をしません。

今の時期は暖房をつけるかつけないか微妙な所で、まだ冬が始まっていないので少しケチって我慢してしまう所があります。

なので寒さを痛感する時期なのです。

ちなみに我が家はもう暖房はつけて消す事を忘れています。ちょっと贅沢ですね 笑

 

気温が低いと外の空気はとても澄んでいて、景色と言えば、紅葉がとてもきれいで、山の冠雪も見られ、紅葉と雪景色が見られる1年で一番素敵な季節です。

そんな中、我が中富良野町では観光協会主催で9月24日に自転車で町を走るイベントが開かれました。

イベントの内容は 何か所かの観光地を巡ってミッションをこなすのんびりコースと、たくさんの観光地を巡るロングコースの2コースで、コロポックルはその立ち寄る施設でした。

昨年から始まり、今年が2回目で、コロポックルは昨年からの引き続きの参加です。

子供から大人までたくさんの方が参加していました。

ロングコースはスタンプを押し、次の施設へ・・たくさんあるのでトイレ、水飲みの休憩くらいで急いで行かれてました。

のんびりコースはコロポックルでのミッション、「アイス作り」を楽しみ、ゆっくりとされて行きました。

時間内に戻り、その後はバーベキューや中富良野町の名産や宿泊券が当たるお楽しみ抽選会があったようです。

とても盛大に終わったと後日観光協会の担当の方からお聞きしました。

楽しんでいただけて良かったです。

来年はぜひ皆さんも参加してみませんか?

 

 

 

 

小さな生命の誕生。

 

昨年の秋頃の話です。

農園の堆肥場で農園スタッフがある物を発見し、ニコニコしながら持ってきました。

それがこれ、

カブトムシの幼虫です。50匹以上いたそうです。

あまりの大きさにビックリ!少し気持ち悪いですよね。

でも元気に動くし、ほおっておくことも出来ないので、知り合いに分け、それでも残ったものはそのまま堆肥の中に入れておきました。

それから冬が来て、今年の春の事です。

またまた農園スタッフがニコニコしてやってくるではありませんか。

「生きてたぞ~」

なんと北海道の厳しく長い冬を乗り越えたのです。

すごい生命力に感動!!

昆虫の苦手な私ですが、事務所で飼う事にしました。22匹もです。

初めての事でどうしたら良いかわからず、とりあえずケースに入っている堆肥が減ったら取り換え・・を繰り返していたら・・・

7月中旬の事。

えっえっえっ、、サナギになってる・・

しかもオス。

死んでるかと思ってつついてみると、動くのです。

またまた感動です。

そして先週の事です。

朝、出勤したら「おはよう」と声をかける習慣がつき、いつものように挨拶すると・・・うっ動いている。

ビックリです。またまた、またまた感動!!

翌日も、翌々日も、次から次へと成虫になってきました。

 

ある1匹ですが、たまたま脱皮した直後を見る事も出来ました。

脱皮したては真っ白なんですね。これもまたビックリ。知らなかったです。

でも数時間後には茶色くなって、今では黒々としています。

今の所4匹成虫になりました。

残念ながらサナギまではいったものの力尽きて死んでしまったものもいます。ちゃんと埋めてあげました。

まだサナギが1匹、幼虫が3匹います。元気に動いています。

ここまでくるとみんな元気に成虫になってほしいものです。

なかなか虫が苦手な私でも最初から見ていると可愛くなってくるものです。

小さな命ですが、素晴らしい感動を与えてくれ、とっても勉強になりました。

と、少し長くなりましたが、何十年かぶりの大人の自由研究のお話でした。